グリーンカード抽選プログラム(移民多様化ビザプログラム)

ツアー中にお客様からいただく質問で一番多いのが、
「ハワイにどれくらい住んでるんですか?」と「どうやってハワイに住むようになったのですか?」。

「ハワイに住んで14年目になります。くじ引きが当たってハワイに来ましたー。」とお答えしてます。

さっきふとカレンダーを見ていて、「あっ、今年の抽選もあと一週間で締め切りだな」と思い懐かしい書類を見返してみました。

アメリカ大使館のホームページに毎年抽選の案内が載ります。
2001年の秋にホームページを見て応募して、すっかり応募したことを忘れていた2002年のGWに
当選通知が着ました。
d0366725_12504550.jpg

d0366725_12505066.jpg
当たってからいくつかの書類を作成しないといけないのですが、私に割り当てられた整理番号はけっこう
遅い番号だったので急いで書類を作成しなくてよくて助かりました。
ただその分、私の順番が回ってくる前に定員に達して締め切りになってしまう可能性もありました。

神奈川県警に行って無犯罪証明書を取ったり、
d0366725_12505844.jpg

健康診断を受けたり、追加で必要な予防接種を受けたり。
(数十年前の母子健康手帳に新しく記入されました。)
d0366725_12510253.jpg

d0366725_12510722.jpg

やっと大使館での面接が回ってきたのは2003年の9月でした。
私の面接の後、5人ぐらいでその年のアジアの分は締め切りになったそうなので本当にギリギリでした。

面接当日の大使館に入る受付番号と、無事に取得出来てビザ発給の代金を払ったレシート。
d0366725_12511201.jpg

d0366725_12511762.jpg
この日は前半休を取得して、面接が終わってグリーンカードが取れた後にそのまま出社して人事部に退職届の
フォーマットをもらいにいったのでした。
大使館を出て歩きながら親友に「取れたよー。アメリカに行くよー。」と電話したのが(泣きながら、笑)
昨日のことのように思い出されます。秋晴れの青空がキレイな日でした。

ちなみに領事官との面接での質問は「アメリカで働いたことがありますか?」の質問に「NO」と答えただけの簡単なものでした。
右手を挙げて宣誓した時には少し緊張して手が震えましたけど。

最初のグリーンカードはパスポートに押されるスタンプです。
それを持って観光でもいいので6か月以内にアメリカに入国すると、本物の!?グリーンカードが送られてきます。

2004年2月に一週間ほどの旅行でハワイに行き、グリーンカードを取得。
3月に14年務めた会社を退職。
5月にスーツケース1つとノートパソコン、風呂敷に包んだプリンターを持ってハワイに引っ越し。
まずはマウイでアパートを借りて1か月半ほどのんびりし、7月にオアフに引っ越して仕事を始めました。
もう少しでハワイ生活14年半になります。
新卒から働いた東京での会社員生活より長くなりました。あっという間。

私が応募したDV2003、世界で5万人ほどが当たるもの、日本人の当選者は890人、実際に移住したのは630人ほどだそうです。
当時は英文タイプライターでレター用紙に打って郵送したのが、今はWEBサイトからの入力になったりと
だいぶシステムも変わってるようですね。
大統領が反対してるので、このシステムもいつ終わりになるのか、、、。

今回の分、こちらでは11月22日、日本時間の23日が締め切りです。






[PR]
Commented by ゆり at 2017-11-18 07:14 x
ホントに月日が経つのは早いよねー。英語の書類を読んで内容を説明して欲しいて言われた時はビックリしたよー。これ分かんないでアメリカで生活できるの?って
Commented by alohamaliko3 at 2017-11-18 17:58
ゆり♪
いや、あの当時はゆりのほうが英語ができたじゃない。
あのレベルからでもなんとかなるもんだねーー。
Commented by karen at 2017-11-24 11:27 x
久しぶりにコメントしてみる。
懐かしい。あれからもうこんなに経ったんだー。

Commented by alohamaliko3 at 2017-11-25 15:40
karen♪
ねー、あっという間。運命だわね。
あっという間にハワイで還暦を迎えそうな気がします(苦笑)。
by alohamaliko3 | 2017-11-16 14:03 | ハワイ生活 | Comments(4)